コミノ

マルタとゴゾの間には、シュノーケル愛好者、ダイバー、ウィンドサーファーや散策者のためのパラダイスであるコミノがあります。わずか3.5 km平方のコミノは車も無くて、1つのホテルは別として、まったく無人です。

島の主な魅力はブルーラグーンで、白い砂の上でかすかに光っているアクアマリンの水をたたえた保護された入り江、クルーズでの日帰りツアーや帆船に人気があります。

コミノは一年中訪れる価値があり、特に冬は散歩を楽しむ人や写真家に最適です。市街化区域や車も無く、野生のタイムや他のハーブの香りを楽しめます。

コミノはローマ時代には居住されましたが、騎士団が到着するまで、あまり重要性を持ちませんでした。それ以来、二つの役割を持ちました。猟場とオスマントルコ人に対する島の防御の中間準備地域です。

Comino

島は中央地中海で活動する海賊に便利な拠点となり、現在は荒涼として不毛ですが、騎士団が1530年に到着したときは野生のイノシシやウサギの棲家でした。団長は、コミノでの彼らのゲームが保護されていることを確実とするためにどんな事でもしました。禁猟を犯しているのを発見された者は、ガレー船を漕ぐ奴隷として3年の刑に処されました。

第二次世界大戦後、1960年代中頃に観光旅行でその命運が復活するまで、コミノは隔絶された場所のままでした。

 

どこに泊まるか
コミノには、そこで過ごしたいと思う人々に最適な一つのリゾートホテルがあります。