聖ヨハネ騎士団

マルタで騎士団の遺産を見逃すのは難しいでしょう。彼らは島に、世界に最も有名な島の顔 「八つのポイントの十字架」 を与えました。

騎士団による250年の支配ほど、島にその痕跡を残した時代はありませんでした。日常生活から勇敢な戦いまで、すべてはマルタ諸島の書庫、建築や民間伝承に残されています。

騎士団を追うには、彼等が家とした宮殿から始めて下さい。スリーシティーズと聖アンジェロ砦、そして彼等が建設したバロック調の要塞都市、ヴァレッタです。

彼らの宮殿、中庭やガーデンを知ることによって、彼らの存在を感じます。

島の全域で、軍のエンジニアリングや建築上の妙技に彼らの滞在のより多くの痕跡を発見できます:砦、要塞、監視塔、水路、教会や大聖堂。豊かな財産は言うまでもなく、彼らは芸術作品、家具、銀製食器や彫刻を島に遺贈しました。重要ではないものの、彼らが医療の歴史で島に与えた場所は明白でありません。

ヴァレッタの騎士団施療院は、当時のヨーロッパで一番の病院でした。

     
 

The Maltese Cross

 
     
 

The Maltese Cross was officially adopted by the Order of the Knights Hospitallers of St. John in 1126. Its eight points denote the eight obligations of the knights, namely "to live in truth, have faith, repent one's sins, give proof of humility, love justice, be merciful, be sincere and whole-hearted, and to endure persecution". With time, the eight points also came to represent the eight "langues" (national groupings) of the noblemen who were admitted into the brotherhood, namely those of Auvergne, Provence, France, Aragon, Castille and Portugal, Italy, Baviere (Germany), and England (with Scotland and Ireland).

To this very day, the Maltese Cross remains the symbol of the Sovereign Military Order of Malta.