工芸品

近年、ここでは工芸が復活しつつあります。単に面白いお土産であるからだけでなく、島に与える文化的な高い価値のため、でもあります。例えばニットウェア、びくやレースのような一部の工芸には長い歴史があります。

Filigree他の工芸の形態、例えば織物や陶器類、は先史時代にさかのぼります。ハイポジウウムで見つかった「眠れる女神」は、洗練された技量の粘土製の小立像です。この国の並外れた遺産のシンボルとして、小立像にはマルタ独自のアイデンティティが深く染みついています。タルシーン神殿で、考古学者は赤い染物、亜麻織物の断片を見つけました。これらの織物は、有史以前の島民に織物のかなりの技術があったことを示唆しています。

870年頃からアラブ族がマルタに綿を伝え、織物と染料の専門知識をもたらしました。綿の生産は、中世の時代から19世紀前半までの田園の主要産業になりました。騎士の時代、Gozitan綿リネンはヨーロッパ本土で非常に重宝されました。
織物、刺繍やレース編みは、しばしば教会のそばで奨励されました。ゴゾやマルタの多くの田舎では生活は比較的厳しく、工芸産業は田舎の家族の主な収入源になりました。多くの団長が、軽薄であり、騎士団の宗教的な使命とつり合わないと考え、刺繍された装飾的な衣類を着ることを禁止したのが、17世紀のこれらの織物製品でした。
騎士の下で本当に全盛だった工芸は、金と銀の細工物でした。マルタで最も高価な生産は、金銀の細線細工と宝石です。現在、マルタの金細工職人は成功しており、作品は海外の主要都市にも輸出されています。