中世

伝統から、マルタの国旗はノルマン人のロジャー伯爵の遺産です。アラブ族との交戦において、彼は赤と白の格子縞模様の旗を裂いて、半分を味方のマルタ人に与えたようです。マルタの歴史に関する大半の記述は、中世全体を軽く飛ばしています。おそらく、かつてはマルタが、その統治者による、より大きな隣人シチリアへの計画で第二の役割を演じたからかもしれません。しかし、この時代に、マルタの貴族は栄え、壁に囲まれたイムディーナに彼らの邸宅を建設しました。都市は、来たる数世紀の間、マルタの紳士階級の領土のままでした。

現在でも、この都市でSiculo(シチリア人)の、ノルマン建築のすばらしい実例を見ることができます。

他の人々にとっては、中世は貧困の時代でした。北アフリカやトルコのバルバリア海賊から頻繁に襲撃がありました。マルタ人と特にゴゾの人々(ゴゾ人)が、奴隷として連れ去られました。
島は、ドイツの王子、フランスの貴族など多数のヨーロッパの王族や貴族の手を通過し、マルタ諸島の運命は、結婚、条約や同盟に依存しました。

アラゴンのフェルディナンドとカスティリャのイザベラの結婚が、1479年にスペインを統一しました。島がスペイン帝国の一部になったのは、彼らの孫の神聖ローマ帝国の皇帝カールV世の下ででした。そして、島を聖ヨハネ騎士団に授与したのは、まさにこのカール皇帝でした。