ヴィクトリア&チタデル

Gozo Cathedral

ゴゾの全ての道は、ヴィクトリアとしても知られるラバトに通じています。村の大城塞(チタデル)は、周囲の田園地方にそびえる急傾斜の上にあり、ほとんど島のどこからでも見えます。

ゴゾの大城塞のルーツは中世後期の時代ですが、丘には新石器時代から人が居留していました。何世紀もの間、大城塞はバーバリ人の海賊やサラセン人による攻撃からの避難所として用いられました。ゴゾの歴史上、何回も、これらの侵略者は住民を奴隷にとりました。

1565年の大包囲戦の後、騎士団は避難と更なる攻撃に対する防御として、大城塞を再建し始めました。1637年まで、ゴゾの住民は、彼ら自身の安全のために大城塞の中で夜を過ごすことを法律で義務づけられていました。後の、より平和な時代には、この規制は解除され、人々は城壁の下で落ちつき、現在ヴィクトリアとして知られるラSt. George's Basilicaバトの繁栄した町をつくりました。

ヴィクトリアは単にゴゾの地理的中心に留まらず、日常的な活動の中心でもあります。市場や店のにぎわいをリラックスして社交的な空気を、なんとか結合しています。特に中心のマーケット広場(It-Tokk)が賑わうときは、島民の暮らしを見るのに最適な場所です。

ヴィクトリアの市場や幅が狭く曲がりくねった通りを散策すれば、おいしい新鮮な食材、チーズやワインから骨董品、工芸品、漁網やニットウェアまで、すべてを見つけられるでしょう。また、この町には、フェスタの日にメインストリートで行なわれるオペラから競馬まで驚くほどのアトラクションもあり、繁栄した文化的な暮らしがあります。