文化と遺跡

7,000年の歴史を持ち、マルタ諸島は文化と遺産に包まれています。諸島は新石器時代に栄光を経験し、その名残が豊饒の女神に奉納されるミステリアスな巨石神殿です。後に、フェニキア人、カルタゴ人、ローマ人やビザンチウム人たちが諸島に彼らの痕跡を残しました。

Domus Romana西暦60年、聖パウロが乗った船がローマへ行く途中で難破し、マルタにキリスト教をもたらしました。
アラブ人は西暦870年に島を征服し、マルタの言語に重要な足跡を残しました。

1530年まで、マルタはシチリアの延長であり、シチリアを統治したノルマン人、アラMCC

ゴン人や他の征服者がマルタ諸島をも支配しました。
1530年から1798年までマルタを統治したエルサレムの聖ヨハネ騎士団を後世に残したのは、チャールズV世でした。
騎士団は、17世紀および18世紀のヨーロッパの文化的活動の重要なプレーヤーとして、マルタの新しい黄金時代を築きました。

騎士団によって教会、宮殿やオーベルジュを装飾するよう依頼されたアーティスト、中でも、カラバッジオ、マッティア・プレティやファブレーなどの存在が、島に芸術的、文化的な命を吹き込みました。

1798年、エジプト遠征途上のナポレオン・ボナパルトは、騎士団からマルタの支配を奪いました。マルタ島民から援助を求められたイギリス人が1800年に島を封鎖し、島におけるフランスの存在は短命に終わりました。マルタが独立する1964年まで、英国による支配が続きました。マルタ島民は、統治、教育や法律のシステムを英国流に適応させました。 マルタは、1974年に共和国となり、2004年5月に欧州連合の加盟国になりました。これらの、地中海において

他に類がない遺産は、国家の建築やコレクションに反映されていま

す。多くの領域に、探索に値する遺産と文化があります。例えば、16世紀の傑作である、騎士団長の宮殿は、騎士団施療院は今は完全装備のコンファレンスセンター、あるいは素晴らしく回復した築城であり、古来の粗い手触りの壁と再発見された空間をバックに現代の芸術作品が展示される「聖ヨハネ創造センター」、など。これらの建物で、過去と現在が融合し、賞賛に値する、生きた芸術のお手本となっています。

芸術は、しばしば催される文化的なイベントなどを通じて、常にマルタの文化で大きな役割を演じてきています。1570年代から始まる生き生きとしたロココ建築の国立美術館は、初期ルネッサンスから現代にわたる、数々の素晴らしい芸術を展示しています。

大家および新進のアーティストのいずれもが、その努力を評価され公的エリアでの展示や支援によって活動を奨励されています。ほとんど常に、なんらかの展示が開催されています。

劇場や音楽も、島で非常に人気があります。いろいろな劇場や屋外会場が、演劇、ミュージカル、オペラとクラシックおよび現代の音楽コンサートの壮大なアンサンブルを提供しています。