フランス占拠

フランスによるマルタ島の支配は、短く、荒れました。まず最初にナポレオンと彼の軍隊がマルタで迎えられた時から、1798年のフランスの到着は予想されました。しかし、フランス革命の理想への本当の愛情によってよりも、現職の統治者である聖ヨハネ騎士団に対する、ふくらんだ嫌悪によってより促されました。

ナポレオン・ボナバルトのマルタへの侵入は、エジプトを征服し、それからインドと極東の大英帝国の植民地を奪取するという戦略的な計画の一部でした。マルタの大きな要塞と港のコントロールに熱心で、ナポレオンはなんとか多くの騎士とマルタ人を味方にできました。

彼らは情報を交わし、聖ヨハネ騎士団と彼らの貴族的な統治スタイルに反対する大衆運動の促進を手伝う準備ができていました。用具の欠乏、キャプテンの裏切りや一般人の混乱から、数日のうちに騎士団の降伏につながりました。マルタ諸島は、ナポレオンの王冠のもうひとつの宝石になりました。

新任の統治者が持ち出した急進的な改革は、まだ主に上流階級と教会の2つの機関に支配され、そして両方に忠実だった地元の住民の目には余りました。貴族と一般大衆は、ナポレオンの法律を彼らが愛する教会への攻撃であり、彼らの従来の生活様式に対する脅威とみなし始めました。

フランスの乗っ取りからわずか3ヶ月以内に、マルタ人は反乱を起こし、占拠者にヴァレッタやスリーシティーズの要塞の背後に撤退するよう強制しました。フランス軍は、マルタ人が自分達の自由を得るのを援助するために呼び込まれた英国軍に降伏する1800年9月まで、そこに残りました。英国艦隊はグランド港に入り、1世紀半の英国支配の始まりを印しました。