ダイバーへの心得

Imperial Eagle

ダイビングの前に

ダイビングに適用される規則は、ダイバーの安全を最大に保証するために導入されました。

ダイビングを希望する人は誰でも、事前にダイビングセンターで登録する必要があります。登録には、個人の詳細情報の記入、資格の証明書を提示することも含みます(PADIオープンウォーターコースまたは同等に出席している人またはお試しダイビングを除いて)。未成年者の場合には、親あるいは合法的な保護者の書面による同意が必要です。

ダイビングセンターで登録しているすべての人は、医学的にもダイビングに適合することを示すために医学アンケートへの記入を要求されます。医学アンケートへの回答にかかわらず、疑わしいケース、または、ダイビングの責任者の裁量で、ダイビング前に書面で承諾を与えてくれる医者による、完全な健康診断を受けていただくようお願いする場合があります。


ダイビングサービス

公認のダイビングセンターだけが、トレーニングや教育、計画されたダイビングやガイド付きダイビング、スキューバのレンタルなどのダイビングサービスの提供を許可されています。


ダイビングのインストラクション

公認のダイビングセンターで登録された、資格のあるダイビングインストラクターだけが、ダイビング指導サービスを提供できます。
ダイビング学校や規則に関する情報については、地元のプロフェッショナル・ダイビングスクール協会に連絡してください:

Professional Dive Schools Association, San Dimitri
P.O. Box 12
セント・ポール湾,
マルタ

ウェブサイト: www.pdsa.org.mt  
電子メール: info@pdsa.org.mt  


海面のマーカー・ブイ

高速ボートやフェリー交通は、特に夏のピークに、ゴゾ海峡地域で極めて混みあいます。ダイバーは、コードAフラグを翻すか、海面のマーカー・ブイを使うことを要求されます。これは、あなた自身を護るためです。マルタ諸島を訪問しているダイバーは、30メートルの深さでさえ最高50メートルの可視性があります。視界を妨げるものは、ほとんどありません。しかし、どんなに状況が良好であっても、常に慎重にしてください。限界の範囲内を保ち、過信は避けてください。

高圧室 - 高比重ユニット

ダイバーは、マルタ、ガーダマンジアの聖ルーク病院に減圧室があることを覚えておいて下さい。どんなダイビング事故でも治療を要する場合は、(00356) 25455269 または緊急電話番号112にダイヤルすることによってそこのスタッフに連絡できます。

「水中で」再圧縮を試みてはいけません。減圧病の場合には、速やかに、利用できる有能な潜水専門家と連絡を取ってください。

深海

マルタ諸島を訪問しているダイバーは、30メートルの深さでさえ最高50メートルの可視性があります。視界を妨げるものは、ほとんどありません。しかし、どんなに状況が良好であっても、常に慎重にしてください。限界の範囲内を保ち、過信は避けてください。

考古学的な発見

島の一部の区域では、考古学的な水中の遺産を保護するために、ダイビングが厳しく禁止されています。指導を受けるか、潜水許可を得るとき、これらの地域が指示されます。
ダイビング中に、考古学的あるいは文化的な発見に出くわしたら、当局に届け出なければなりません。誘惑に負けて、楽しい休日を損なわないでください。発見の除去または報告に関する怠慢は、不法であるとみなされます。これらのガイドラインやそれが保護している野生の動物相と植物相は、世界中のスポーツ・ダイバーの常識です。

スピアフィッシングや他の釣り

スピアフィッシング(やす漁)は厳しく管理され、許可なしでは禁じられています。指定のダイビングスポットでは、ボートやトロール船からの釣りが厳しく禁じられています。